金利タイプで異なる返済額

金利タイプで返済額が変わってくる

住宅ローンの負担って金利タイプによってもかなり違ってきますよね。 金利タイプで変わる返済額の一例を挙げると・・。 例えば変動金利の場合には、低金利時代はかなり有利で、固定金利ではあり得ないほどの少ない金利負担で借入できますよね。

でも、金利が大幅に上昇すれば、金利を払うだけで精一杯になり、元金がちっとも減らない・・なんてことに・・。 変動金利ってそういうリスクがついてまわるものなので、金利変動によって返済額は大きく左右されてしまいます。

金利タイプで変わる返済額の一例として、次に固定金利を考えてみると、固定金利は金利が高めに設定されていて、低金利時代には変動金利よりも返済額はかなり増えてしまうかもしれません。 だけど固定金利の場合には、金利の変動に左右されることがないというメリットがありますよね。

金利が上昇した時、今まで変動金利で美味しい思いをしてきた人たちは、大きな打撃を受けてしまいますが、固定金利の場合は、そうした打撃はないから、いつも変わらない返済額でコツコツと安定して返したい人には向いてるんじゃないでしょうか。

固定金利も変動金利もそれぞれメリット、デメリットがあるので、どちらの方が賢い選択かなんて、一概には言えないでしょう。

人気の住宅ローンはどこ?

三菱東京UFJ銀行住宅ローン!審査厳しい?【借り換えも人気】
住宅ローンをどこにするかお悩みの方に三菱東京UFJ銀行の住宅ローンをおすすめします。低金利で保証もしっかりしていて、事前審査も窓口に行かなくてもネットで簡単に出来ますよ!
www.bank-homeloan-shinsa.com/

Copyright (C) 住宅ローンの審査に通るには All Rights Reserved